GOURMET

船橋で「デート飯」ならこちら!『完全個室焼肉 GYU』でLuxuryな焼肉を堪能

昨年コロナ禍においてオープンした船橋の焼肉屋

 

『完全個室焼肉 GYU』

ちなみに「GYU」とはもちろん「牛」のことね。

 

お店は船橋駅から2分ほど、1階がド派手な流行りの食パン屋さんの2階なのですぐにわかるはず(笑)

 

店内は全室個室。

俺みたいなしっぽりデート好きには嬉しい限り!?だよ(笑)

 

最後の晩餐は焼肉で…ここら辺はシャレが効いててGood(笑)

 

今回いただいたのは完全予約制の「Chef‘sコース」(19,800円)

たまには!?贅沢もいいよね(笑)

 

■牛出汁のフラン

上にはサマートリュフの乗ったLuxuryな茶碗蒸し。

濃厚牛出汁を堪能しながら、食感の変化に枝豆。

こんな豪華な茶碗蒸しだったら何杯でもいけちゃうわ(笑)

 

■本日のサラダ

 

■但馬牛のユッケご飯 ★いっしーリコメンド

GYUではユッケは全て但馬太田牛を使用するというこだわりよう。

上にはフレッシュキャビア添えて…肉の下にはご飯と卵黄の超豪華TKGのできあがりです。

ほんのり甘めのタレと合わせたユッケは一口でそのクオリティーの高さがわかる逸品。

言うまでもなく…最高ですよ♡

 

■和牛刺身3種類盛り合わせ

生肉LOVERとしてはナントも嬉しいナマニク2連発。

部位はウチモモ、サーロイン、イチボね。

それぞれ個性あるA5ランク肉を柚子胡椒とワサビでシンプルに。

あぁ…「口福」ってこういうこと。

 

宮廷キムチ

外側が白菜のキムチ。中にはマグロをはじめとした海鮮キムチが中に入ってる2層仕立て。

 

■厚切りタン元

出てくるなり見てよ!この厚み(笑)

 

超希少なタン元はプロの焼き師にお任せ。

ご覧の通りしっかり自立します(笑)

 

じっくり火入れをした後、銀紙に包んで少し肉を休ませて…その後最後にもう一度表面をカリッと仕上げ。

出来上がったら、まさに断面萌えな火入れです♡

タンの命とも言える食感は言わずもがなの気持ちよさ。

シンプルに岩塩も良し、ワサビやすだちでサッパリも良しだね。

 

続いては先ほどから一転、薄切りのタンシャブを。

 

鶏出汁のしっかり効いたフォンドボライユをかけて。

白髪葱のシャキシャキ感と、優しい出汁の旨味がタンシャブのキャラクターにピッタリ。

同じ部位で2種類のアレンジが食べられるのはなんとも嬉しいポイントだね。

 

■和牛手巻き2種食べ比べ

生雲丹とボタンエビ&和牛の豪華共演。

例えるなら、木村拓哉さん×長澤まさみさん…みたいな!?

 

肉だけじゃなく当たり前に魚介もうまいのは、このクラスならもはや必須条件。

もちろん「GYU」は余裕で条件クリアだね。

 

シャトーブリアンのステーキサンド

最近の高級焼肉屋さんのトレンドとも言えるステーキサンド。

こちらのはハニーマスタードに加え、玉ねぎのジャムを塗っているのが差別化のポイントかな。

玉ねぎの甘さが実に効いてるんだよ。

 

■A5ランクサーロイン・イチボの冷しゃぶ

もう夏の終わりだけど、まだまだ夏が恋しい…。

そんな俺にピッタリな冷しゃぶ。

 

しゃぶしゃぶした後、キンキンに冷えた氷水にIN。

 

合わせるのは大好きな胡麻タレ。

同じくキンキンに冷えたアスパラを巻いていただきます。

 

■和牛土鍋ご飯 ★いっしーリコメンド

お腹パンパンの中いただいた土鍋ご飯は、和牛の旨味が十二分に溢れ出た逸品。

三つ葉も効いててこりゃ腹一杯でもうまい(笑)

少食男子、流石に全部食べきれず残りはお土産に…このサービスは嬉しいな。

 

■京抹茶のチョコレートフォンデュ

カステラ、マシュマロ、キウイ、バナナ、イチゴ…。

これらを抹茶にフォンデュ。程よい抹茶の苦味と甘さのバランスもよくとれてるね。

 

船橋の他の焼肉屋さんのレベルがあまり分からないのでナントも言いにくいけど、おそらく地域トップクラスのクオリティーだろうね。

さんざん都内の高級焼肉屋を食べてきた自負はあるので、これは自信もって言えることだよ。

千葉周辺の子とデートの時はここ使おうかな(笑)

 

【完全個室焼肉 GYU】
050-5457-0808
千葉県船橋市本町1-11-25 2F
https://tabelog.com/chiba/A1202/A120201/12050053/

 

ピックアップ記事

  1. 東京タワーを見ながら若き大将の作り上げる江戸前寿司を堪能『鮨 詠心』
  2. 『Purify Time(ピュリファイタイム)』に掲載されています
  3. 『BROMPTON(ブロンプトン)』S6L-Xがついに納車!!
  4. 【PR】『清流の国ぎふ』岐阜県を巡るツアー〜「郡上八幡」「美濃和紙」編〜
  5. 南フランス・プロヴァンス生まれのグルメグローサリーブランド『MAISON BRE…

関連記事

  1. GOURMET

    White Dayはピエール・エルメのメンクラ限定マカロンで

    今回のWhite Day はメンクラ読者限定「ピエール・エルメ・パリ」…

  2. GOURMET

    BVLGARI Special Lunch(前編)

    BVLGARI様よりMEN'S CLUB ブロガー限定、特別Lunch…

  3. GOURMET

    住所非公表、完全招待制…LDHグループが運営する秘密すぎる隠れ家焼き鳥屋『鳥かぜ』

    住所非公表、完全招待制...はい、大好きな言葉です(笑)&nbsp…

  4. GOURMET

    渋谷の元気で明るいイタリアンカフェ『8528(ハコニワ)』の新世代モダンナポリタン

    「いっしーの孤独のグルメ」渋谷で用事があったのでひ…

  5. GOURMET

    Sexy…ただただSexy…『the tavern GRILL&LOUNGE(ザ タヴァン…

    Sexy…ただただSexy…。虎ノ門ヒルズ、アンダ…

  6. GOURMET

    評判に偽りなし!『LA BONNE TABLE(ラ・ボンヌターブル)』で大満足のLunch

    最近再開発がどんどん進み魅力度を増している日本橋エリア。&nbsp…

ARCHIVES

PICK UP

RECENT POSTS

  1. GOURMET

    ひさびさ『麺や 維新』へ!期間限定味噌ラーメンはイタリアン!?
  2. GOURMET

    幻想的なケンシロウ焼きに、俺はもう死んでいる
  3. FASHION

    FILLICO(フィリコ)「2018ss新作発表会&アフターパーティ」…
  4. GOURMET

    使い勝手抜群!目黒のイタリアン『ピッツェリア&トラットリア ゴンゾ 目…
  5. GOURMET

    浴衣美女と意外なところで最高のタイカレーとの出会い
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。